インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    カテゴリ:舞台 > アニメ


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。略称は「鬼滅」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。 大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。2021年2月時点でコミックス
    353キロバイト (61,000 語) - 2021年6月7日 (月) 08:14



    (出典 kimetsu.com)


    おめでとうございます☺

    1 名無し募集中。。。 :2021/06/07(月) 01:36:51.08 0.net

    「舞台『鬼滅の刃』其ノ弐 絆」のメインビジュアルと、メインキャストがそれぞれのキャラクターに扮した個別ビジュアルが公開された。

    お披露目されたメインビジュアルには、小林亮太扮する竈門炭治郎が水の呼吸を繰り出す姿と、「舞台『鬼滅の刃』」シリーズに初登場となる9人の柱たちの姿が収められたほか、阿久津仁愛扮する十二鬼月の累、佐々木喜英扮する鬼舞辻無惨が登場している。

    「舞台『鬼滅の刃』其ノ弐 絆」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた吾峠呼世晴のマンガ「鬼滅の刃」の舞台化第2弾。昨年の舞台化第1弾に続き、末満健一が脚本・演出を担当する。公演は8月7日から15日まで東京・天王洲 銀河劇場、20日から22日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、27日から31日まで東京・TACHIKAWA STAGE GARDENで行われ、チケットの一般販売は7月25日10:00にスタート。

    ソース ステージナタリー
    https://natalie.mu/stage/news/430384
    画像 「舞台『鬼滅の刃』其ノ弐 絆」メインビジュアル

    (出典 ogre.natalie.mu)

    小林亮太扮する竈門炭治郎。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    高石あかり扮する竈門禰豆子。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    植田圭輔扮する我妻善逸。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    佐藤祐吾扮する嘴平伊之助。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    本田礼生扮する冨岡義勇。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    矢崎広扮する煉獄杏寿郎。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    辻凌志朗扮する宇髄天元。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    奥田夢叶扮する時透無一郎。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    門山葉子扮する胡蝶しのぶ。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    川崎愛香里扮する甘露寺蜜璃。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    宮本弘佑扮する伊黒小芭内。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    前田隆太朗扮する不死川実弥。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    チャンヘ扮する悲鳴嶼行冥。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    内田未来扮する栗花落カナヲ。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    阿久津仁愛扮する累。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    廣瀬智紀扮する産屋敷耀哉。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    佐々木喜英扮する鬼舞辻無惨。

    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【舞台】「鬼滅の刃」メインビジュアル解禁】の続きを読む


    千と千尋の神隠し』(せんちひろかみかくし)は、スタジオジブリ制作長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。興行収入は316.8億円。 制作きっかけは、宮崎駿個人的な友人である10歳少女を喜ばせたいというものだった。この少女は日本テレビ映画プロデューサー、奥田誠治娘であり、主人公・千尋の
    173キロバイト (23,534 語) - 2021年2月26日 (金) 02:38



    (出典 www.jigsaw.jp)


    おめでとうございます㊗️

    1 名無し募集中。。。 :2021/02/26(金) 10:25:45.16 0.net

    スタジオジブリの名作アニメ映画「千と千尋の神隠し」が来年2月、東宝創立90周年記念作品として初めて舞台化されることになった。
    主人公の千尋は、女優の橋本環奈(22)と上白石萌音(23)がダブルキャストで演じる。

    宮崎駿氏が原作・脚本・監督を務めた2001年公開の作品。
    国内興行収入は316億8000万円で昨年12月に映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」に抜かれるまで19年にわたりトップだった。
    千尋が神々が往来する町に迷い込み、湯屋「油屋」で働きながら成長する物語。
    映画では摩訶(まか)不思議な世界が描かれており、今回はさまざまな手法を駆使し舞台上に油屋などを再現する。

    翻案・演出を手掛けるのは、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の世界初演を演出したジョン・ケアード氏。子供にはジブリ作品しか見せておらず、自身も「千と…」の熱烈なファンだ。

    ケアード氏と東宝との間で17年に今作のプランが浮上。その後ケアード氏がスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、宮崎氏と対面し、許可を得て舞台化が決まった。
    鈴木氏は「ジョンはいいやつです。僕も宮崎も彼のことを気に入りました。今回の舞台で千尋を大きく育ててほしい」と語っている。

    ケアード氏が期待を寄せているのが、主人公を演じる橋本と上白石だ。橋本は声の美しさと表情が千尋に近いことから、初舞台ながら主演に抜てき。
    橋本は「まずは私らしく楽しく伸び伸びと演じたい」とし「何年か先にこの舞台の世界初上演を私たちが演じたと誇りを持てるように、命ある千尋として生きたい」と力を込めた。

    18年に舞台「ナイツ・テイル」で上白石とタッグを組んだケアード氏は「楽しく共同作業をした、素晴らしくて魅力的な上白石さんと再び仕事できるチャンスを得た」と再会を心待ちにしている様子。
    上白石は「時代も国境も超えて愛され続ける作品の1ピースになれるのは大変光栄なこと」と喜びを語った。 
    公式サイトは日本語のほか英語、フランス語、中国語、韓国語に対応。映画は50カ国以上で公開され日本作品初の米アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞するなど世界中で愛されている。
    来年2月から3月の東京・帝国劇場での公演を皮切りに大阪、福岡、札幌、名古屋で上演。将来的には海外展開も視野に入れている。
    https://news.livedoor.com/article/detail/19756546/


    【【舞台】千と千尋の神隠しが舞台化!】の続きを読む


    アクタージュ act-age』は、原作:マツキタツヤ、漫画:宇佐崎しろによる日本の漫画。マツキと宇佐崎にとって初連載作品であり、宇佐崎が漫画を描いたのはこれで2作目であった。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年8号から2020年36・37合併号まで連載された(連載終了の経緯については後述)。
    45キロバイト (7,235 語) - 2020年8月11日 (火) 10:49



    (出典 news.mynavi.jp)


    【アクタージュ act-age】舞台「羅刹女」サイド乙本編映像 - YouTube
    https://www.youtube.com/playlist?list=PL8pHMpyCjhEzdhW9_snQ-SQhVy4ux9HXI


    残念すぎます。

    1 muffin ★ :2020/08/11(火) 19:16:55 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2169233/
    2020-08-11 19:06

    ホリプロは11日、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していた役者漫画『アクタージュ act-age』(作画:宇佐崎しろ)の原作者・マツキタツヤ氏が強制わいせつ容疑で逮捕された報道を受け、2022年に開催を予定していた 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』の上演、ならびに現在進行中のヒロイン「夜凪景」役オーディションの中止を決定したと、公式サイトで発表した。

    公式サイトでは「今月8日に『アクタージュ act-age』の原作担当であるマツキタツヤ氏が逮捕された事を重く受けとめ、関係各所とも協議した結果、2022年に開催を予定しておりました 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』の上演、ならびに現在進行中のヒロイン『夜凪景』役オーディション、双方の中止を決定致しました」と発表した。

    続けて「弊社としても舞台ならびに本オーディションがこのような形で終えてしまう事は残念でなりません」とし、「応募者の皆様、そして2022年の舞台を楽しみにされていた皆様には心苦しいばかりではございますが、ご理解を賜ります様、何卒宜しくお願い申し上げます」としている。

    2018年1月より同誌で連載がスタートした同作は、大手芸能事務所が主催する俳優オーディションの中で、異彩を放つ少女の主人公・夜凪景と鬼才の映画監督・黒山墨字の出会いから始まり、夜凪が役者として成長する姿を描いた物語。コミックスは300万部を突破している。

    また、夜凪を実在の女優であるかの様に扱い、企業とのキャンペーンをする「女優化プロジェクト」も実施されており、消防庁の火災予防啓発用ポスターのイメージガール、TSUTAYAの『SHIBUYA TSUTAYA 店長』、『週刊プレイボーイ』で初グラビアを披露していた。

    作者は91年生まれの原作・マツキタツヤ氏、97年生まれの作画・宇佐崎しろ氏による若手コンビで、17年に『週刊少年ジャンプ』で掲載された読切り『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』でデビューした。


    (出典 nekomata-blg.com)


    【【舞台】『アクタージュ act-age 〜銀河鉄道の夜〜』上演中止を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ