インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    カテゴリ:アニメ > アニメ化


    僕とロボコ』(ぼくとロボコ)は、宮崎周平による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2020年31号より連載中。2022年3月時点の累計発行部数は約50万部を記録している。 ギャグコメディであるが、登場キャラクターはほぼ全てが善人で話中にも理不尽な暴力や陰湿なイジメ、失敗を嘲笑う、容姿…
    31キロバイト (4,878 語) - 2022年9月25日 (日) 15:33

    (出典 collabo-cafe.com)


    おめでとうございます㊗

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/09/26(月) 08:30:35.87ID:CAP_USER
    MANTANweb2022年09月26日
    https://mantan-web.jp/article/20220925dog00m200030000c.html

     「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の宮崎周平さんの人気ギャグマンガが原作のテレビアニメ「僕とロボコ」が、12月4日深夜からテレビ東京系で放送されることが分かった。スカートをなびかせるロボコ、ロボコが給仕する小学生・ボンドが描かれたキービジュアルも公開された。ビジュアルには「令和のニューヒロイン爆誕!?」「鬱屈した世の中にニーキック! みんなの心に元気注入」というコピーが添えられている。

     メインスタッフも発表され、「おじゃる丸」「セクシーコマンド 外伝 すごいよ!!マサルさん」などの大地丙太郎(だいち・あきたろう)さんが監督を務め、ぎゃろっぷが制作する。

     「僕とロボコ」は、2020年7月に同誌で連載をスタート。美少女メイドロボット・オーダーメイド(OM)が一家に1台普及した20XX年を舞台に、ドジっ娘のメイドロボ・ロボコと、心優しい少年・ボンドの日常がコミカルに描かれている。

     ◇スタッフ(敬称略)
     監督:大地丙太郎▽監督補:佐藤道拓▽シリーズ構成:大場小ゆり▽キャラクターデザイン:荏原裕子▽プロップデザイン:佐藤よしひろ▽美術監督:湖山真奈美▽色彩設計:箕輪綾美▽撮影担当:谷本玲奈▽編集:楫野允史▽音響監督:たなかかずや▽アニメーション制作:ぎゃろっぷ

    https://mantan-web.jp/article/20220925dog00m200030000c.html?photo=001

    【【アニメ】僕とロボコ 2022年12月4日スタート】の続きを読む


    MFゴースト』(エムエフゴースト / 英語表記: MF GHOST) は、しげの秀一による日本の漫画作品。 しげのが過去に連載していた『頭文字D』と同じく、実在する公道でのレースを題材とした自動車漫画。「ガソリンエンジンなどの内燃機関自動車が製造中止となり、電気自動車や燃料電池自動車が主流となっ…
    70キロバイト (10,912 語) - 2022年9月15日 (木) 08:06

    (出典 cobby.jp)


    おめでとうございます㊗

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/12(月) 12:35:07.81ID:CAP_USER
    2022年09月06日 22:07

    しげの秀一さんの漫画「MFゴースト」第15巻が発売された。

    「頭文字D」で知られるしげの秀一さんの作品。車の自動運転が普及し、公道の自動車レース「MFG」が人気となった近未来が舞台。英国のレーシングスクールを優秀な成績で卒業した19歳の男子・片桐夏向が日本に戻って活躍する姿が描かれる。TVアニメが2023年放送予定だ。

    講談社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、ヤンマガWebで第1~3話と連載分が読める。

    http://www.new-akiba.com/news/198310

    西暦202X年。世界中で爆発的な人気を誇る公道レースが、日本に存在した。レースの名は「MFG」。
    第4戦「シーサイド・ダブルレーン」に、夏向に想いを寄せる英国美女エマ・グリーンがアストンマーティンで参戦!
    予選でその実力がベールを脱ぐ。
    そして、迎えた決勝「夏の終わりの高速バトル」には、思わぬ落とし穴が待っていた‥‥。

    MFG第4戦、決勝は波乱のスタート!! 2023年TVアニメ化へアクセル全開!!!
    『頭文字D』に続く新公道最速伝説、第15巻! もう一度、86でアツくなろう!

    【【アニメ】 MFゴースト アニメ化決定!】の続きを読む


    Livedoor Blog (ライブドアブログからのリダイレクト)
    LINE (企業) > ライブドア > Livedoor Blog livedoor Blog(ライブドアブログ)は、韓国のIT企業ネイバーの子会社、LINEが運営するブログサービス。かつてはライブドアが運営していたサービスで、2014年6月現在はLINEがライブドアブランドで運営している。 livedoor
    35キロバイト (4,275 語) - 2022年8月31日 (水) 16:01

    (出典 resize.blogsys.jp)


    おめでとうございます㊗

    1 フォーエバー ★ :2022/09/12(月) 19:40:27.15ID:CAP_USER9
    9/12(月) 17:09配信

    「まめきちまめこニートの日常」がテレビアニメ化

     LINEが運営する「ライブドアブログ」で不動の人気を誇る「まめきちまめこニートの日常」がテレビアニメ化。10月3日からフジテレビ系列「ポップUP!」内で放送されます。「ポップUP!」を録画する日が来たようだな……。

    【画像】 絵日記で見る「まめきちまめこニートの日常」

     「まめきちまめこニートの日常」は2015年からライブドアブログで投稿されている絵日記ブログ。自由に生きるエグゼクティ*ーパーニートの“まめきちまめこ”と、愛犬のゴールデンレトリバーの“こまち”、元気いっぱいの愛猫“タビ”などの楽しい毎日をコミカルにつづった内容で、2022年3月にはライブドアブログ史上最高記録となる月間7000万PV、月間累計読者数1000万人を突破した人気コンテンツです。

     アニメは「ポップUP!」で週2回(月曜/水曜日)、番組内で放送。まめきちまめこ役には「鬼滅の刃」「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」などでも知られる鬼頭明里さんを起用。キャストにはこの他、沼倉愛美さん、羽多野渉さん、くじらさん、大塚明夫さんらが名を連ねています。

     監督は、「遊☆戯☆王ZEXAL」の他、近年では「だがしかし2」「五等分の花嫁」「安達としまむら」「魔法使い黎明期」などを手掛けた桑原智さんで、アニメーション制作は手塚プロダクションが担当。公開されたPVでは力みのないニートの日常にぽかぽかします。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d39cb54f0583ce3155b6ac6f34b055ad50effdab


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    【【アニメ】人気ブログ「まめきちまめこニートの日常」がテレビアニメ化 】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    おめでとうございます㊗

    1 きつねうどん ★ :2022/09/07(水) 07:39:54.36ID:CAP_USER
     漫画『ベルサイユのばら』(略称:ベルばら 原作:池田理代子)の誕生50周年を記念して、完全新作となる劇場アニメが制作されることが7日、発表された。あわせてティザービジュアルと特報映像、池田氏描き下ろしのお祝いイラストが公開された。


    (出典 contents.oricon.co.jp)
    劇場アニメ『ベルサイユのばら』のティザービジュアル (C)池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会

     『ベルサイユのばら』は、18世紀後半・フランス革命の時代を舞台に、将軍家の跡取りで、“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描いた作品。時代に翻弄されながらも、それぞれの人生を懸命に生き抜いた愛と運命の物語。

     1972年から1973年まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載され、マーガレット・コミックスは全10巻を刊行、2014年からは40年ぶりとなる新エピソードの単行本4巻も発売されており、累計発行部数は2000万部を突破している。

     メディアミックスの先駆けと言われており、1974年には宝塚歌劇団により舞台化され、その後、1979年にテレビアニメ化、1990年に映画化と、さまざまな方面で社会現象を巻き起こした。

     解禁となったティザービジュアルには「激しく、美しく、生きた―」というキャッチコピーとともに、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、マリー・アントワネットが美しく描かれている。特報では、クラシック音楽にあわせて原作漫画とティザービジュアルが映し出されている。

     また、池田氏から寄せられた描き下ろしのお祝いイラストには、「いつまでも忘れないでね」のコメントとともにオスカルとマリー・アントワネットが描かれている。

     今回の劇場アニメ化について池田氏は「多くのファンの方たちから、新しいアニメをというご希望をよくいただくので、まさかそれが実現するなんて、驚きとうれしさでいっぱいです」とし、自身にとって『ベルサイユのばら』の存在は「作品は、読む読者が感じ取るもので、私にとってどうと聞かれると難しいのですが、世代を超えて読み継がれるということは、本当にうれしいです」とコメントを寄せた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2248414/full/

    【【アニメ】『ベルサイユのばら』完全新作の劇場アニメ制作決定 誕生50周年記念で特報映像が公開】の続きを読む


    サンシャイン!! > 幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR- 『幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR-』(げんじつよはね サンシャイン イン ザ ミラー)は、KADOKAWA(アスキー・メディアワークスブランド)、ランティス、サンライズ3社によるプロジェクト「ラブライブ
    6キロバイト (593 語) - 2022年7月19日 (火) 01:50

    (出典 anime-labo.net)


    おめでとうございます㊗

    【【漫画】『幻日のヨハネ』漫画版最新話 無料公開開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ