インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    カテゴリ:映画 > 実写


    アバターシリーズ > アバター (2009年の映画) 『アバター』(原題: Avatar)は、ジェームズ・キャメロンが監督・脚本・製作・共同編集を務めた、2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが…
    116キロバイト (17,449 語) - 2023年1月22日 (日) 06:56
    おめでとうございます㊗

    1 muffin ★ :2023/01/28(土) 15:52:35.50ID:Tc5k7s8n9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0134833
    2023年1月27日

    映画『アバター』(2009)の続編『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の世界興行収入が、LA時間26日までに20億5,473万4,732ドル(約2,671億円)に達した。そのため同作は2018年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(世界興収20億5,241万5,039ドル・約2,668億円)を抜き、世界興収ランキング歴代5位となった。(数字は Box Office Mojo調べ、1ドル130円計算)

    これで世界興収ランキングトップ5は、上から『アバター』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『タイタニック』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』となった。5作品中、3作品がジェームズ・キャメロン監督作(『アバター』『タイタニック』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』)であり、キャメロン監督は13年ぶりの続編で自身がヒットメイカーたるゆえんをまざまざと見せつけたといえる。

    ちなみに、4位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界興収は20億7,131万218ドル(約2,693億円)であり、すでに『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の射程圏内に入っている。以前キャメロン監督は、製作費が超高額だからこそ、『アバター』シリーズ続行のためには『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』超えが必要だと語っており、それがまもなく現実になろうとしている。(編集部・市川遥)


    (出典 img.cinematoday.jp)

    【【映画】『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』世界興収歴代5位に!】の続きを読む


    恋は雨上がりのように』(こいあめあがりのように、眉月じゅんによる日本漫画。『月刊!スピリッツ』(小学館)て2014年8月号から2016年1月号まで連載、その後『ビッグコミックスピリッツ』(同)移籍し、2016年8号から2018年16号まで隔週連載。略称雨」。 とある海辺
    40キロバイト (5,123 語) - 2019年12月7日 (土) 11:19



    (出典 www.aoi-pro.com)


    小松菜奈と大泉洋の映画です。

    1 風吹けば名無し :2020/01/24(金) 18:10:24 ID:I0e6mims0.net

    面白かった


    【【映画】恋は雨上がりのように】の続きを読む


    ブラックナイトパレード』は、中村光による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2016年49号から2019年34号まで連載された後、『ウルトラジャンプ』(同社刊)に移籍して2019年10月号から連載中。2021年、8月から中村の育児休暇による休載を挟み、2022年1月号から連載が…
    24キロバイト (3,036 語) - 2022年12月25日 (日) 07:53
    意外と似合いますね。

    1 muffin ★ :2022/12/24(土) 10:13:21.54ID:HWGyn4LD9
    https://eiga.com/news/20221224/5/
    2022年12月24日 10:00

    橋本環奈が、吉沢亮と福田雄一監督がタッグを組み、中村光氏の人気漫画を映画化する「*ナイトパレード」(公開中)で初のスキンヘッドを披露している。このほど、その衝撃的な姿をとらえた場面写真が披露された。

    本作は、「聖☆おにいさん」などで知られる中村氏が2016年から週刊ヤングジャンプで連載し、現在はウルトラジャンプ、デジタルマーガレットで連載中の同名コミック(既刊8巻)を映画化するもの。「良い子のところには欲しいプレゼントを持った赤いサンタが、悪い子のところには欲しくもないプレゼントを持った黒いサンタがやってくる」という、サンタクロースにまつわる実在の伝承を基に、クリスマスを裏で運営するサンタたちの世にも奇妙な世界を描く。吉沢と橋本のほか、中川大志、渡邊圭祐、若月佑美、佐藤二朗が共演し、玉木宏が“顔のない謎の男”クネヒトの声を務めた。


    橋本が演じているのは、悪い子を発見するためならハッキングもいとわない北条志乃。実は映画化発表当初から、原作ファンの間では「あのシーンはあるのか…」と噂されていた。そんな北条の“秘密”が本編でもしっかり描かれているのだ。

    場面写真がとらえているのは、橋本の美しすぎるスキンヘッド姿。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 eiga.k-img.com)


    (出典 eiga.k-img.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【映画】ブラックナイトパレードにて 橋本環奈 初のスキンヘッド 】の続きを読む


    アバターシリーズ > アバター (2009年の映画) 『アバター』(原題: Avatar)は、ジェームズ・キャメロンが監督・脚本・製作・共同編集を務めた、2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが…
    113キロバイト (17,102 語) - 2022年12月8日 (木) 09:06
    おめでとうございます㊗

    1 ひかり ★ :2022/12/15(木) 16:23:26.08ID:+378AKUl9
     あす16日より世界同時公開となる映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、国内映画館史上最多1466スクリーンで上映されることが明らかになった。公開前から“日本一”確定!?

     日本映画界の歴代スクリーン数(興行通信社調べ)は、2012年に公開されたソニー・ピクチャーズ配給の『アメージング・スパイダーマン』の1092スクリーンが最多。ディズニー配給作品では、2019年に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の967スクリーンがこれまでの最多で、今回の1466 スクリーンという数字がいかに驚異的なのかがよくわかる。

     また、公開されるバージョンも、通常の2Dをはじめ、圧倒的な没入感と鑑賞を超えた“体験”を約束するドルビーシネマ/アトモス3D やIMAX 3D、RealD、4DX、ScreenX など、その数30を超える最多規模。また現在の標準の2倍のレート(
    48fps)で撮影/映写されたハイフレームレート(HFR)のシーンでは、肉眼で実際に見る光景をより忠実に再現しており、圧巻のクオリティーを体験できる。

     この超異例ともいえる興行展開は、ジェームズ・キャメロン監督と長年一緒に映画を作り続けてきたプロデューサーのジョン・ランドーいわく、「本作を鑑賞する観客に、すべての劇場のそれぞれの上映バージョンで最高のアバター体験をしてもらうため」に用意されたもの。

     世界歴代興行収入No.1の超大作『アバター』(2009年)から13年。キャメロン監督自身の手により、人類史上最高の映画シリーズとして新たな奇跡を巻き起こす。

    オリコン 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b022fe1846f362da8faa7976953115f6dcf40350

    【【映画】『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』公開規模で日本記録更新!】の続きを読む


    洋一(さい よういち、朝: 최양일、男性、1949年〈昭和24年〉7月6日 - 2022年〈令和4年〉11月27日)は、日本の映画監督、脚本家、俳優。日本映画監督協会理事長、宝塚大学元教授、株式会社ネクステップ顧問、民間放送教育協会理事を歴任。在日韓国人2世。 長野県佐久市生まれ。父は在日朝鮮人、母は日本人のハーフ。…
    23キロバイト (2,567 語) - 2022年11月27日 (日) 22:04
    ご冥福をお祈りします。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/27(日) 20:40:00.75ID:6fNViMOG9
    [2022/11/27 18:42]

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000277427.html

     「月はどっちに出ている」などで知られる映画監督の崔洋一さんが亡くなりました。73歳でした。

     関係者によりますと、崔さんは27日午前1時、膀胱(ぼうこう)がんのため東京都内の自宅で亡くなりました。73歳でした。

     崔さんは在日朝鮮人の父と日本人の母の間に生まれ、大島渚監督の「愛のコリーダ」の助監督などでキャリアを積み、1993年の「月はどっちに出ている」でブルーリボン賞など、数々の映画賞を受賞しました。

     2004年には「血と骨」で日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。

     今年6月まで日本映画監督協会の理事長を務めました。

     今年1月にがん闘病を公表、4月には「ラスト・ショー」と題した7日間のトークライブを完走し、ステージで涙を流しました。

     葬儀・告別式は近親者で営むということです。

    【【映画】監督の崔洋一(73)が膀胱がんで死去】の続きを読む

    このページのトップヘ