インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    カテゴリ:映画 > アニメ


    金の国 水の国』(きんくに みずくに)は、岩本ナオによる日本漫画作品。『月刊flowers』(小学館)にて2014年12月号から前後編読み切りを経て、2016年6月号まで不定期に掲載された。2016年、「このマンガがすごい!オンナ編1位」を受賞した。同年、「THE BEST MANGA 2017…
    11キロバイト (1,245 語) - 2023年1月28日 (土) 17:13
    いかがでしたか?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/01/25(水) 20:33:28.70ID:lAmA1TQV9
    アニメ 公開日 2023/1/24 18:00


    (出典 www.crank-in.net)

    映画『金の国 水の国』新場面写真(C)岩本ナオ/小学館  (C)2023「金の国 水の国」製作委員会


     1月27日公開のアニメ映画『金の国 水の国』より、壮大なスケールを体感できる初解禁シーンをたっぷりと含んだ<クライマックス予告>が解禁された。


     岩本ナオによる同名漫画をアニメ化する本作は、隣り合う仲の悪い2つの国を舞台に、<金の国>の姫サーラと<水の国>の青年ナランバヤルが偶然出会い、国の未来のために“夫婦役”を演じているうちに恋に落ち…という物語。俳優の賀来賢人がナランバヤル、浜辺美波がサーラを演じる。

     100年断絶している2つの国。<金の国>の誰からも相手にされないおっとり王女サーラと、<水の国>の貧しい家族思いの建築士ナランバヤルは、敵国同士の身でありながら、国の思惑に巻き込まれ“偽りの夫婦”を演じることに。お互いの思いを胸に秘めながら、真実を言い出せない不器用な2人の<やさしいうそ>は、国の未来を変えるのかー。

     この度到着したのは、国の未来を変えるために命がけの覚悟で壮大な計画に身を投じていくサーラとナランバヤル、そして彼らをめぐるキーパーソンたちの姿を映し出した映像。

     <金の国>が深刻な水不足に陥っていることを知ったナランバヤルは、サーラの未来を案じ、戦争寸前の2つの国に国交を開かせようと決意する。
    サーラとナランバヤルに協力する仲間たちと、彼らの前に立ちはだかる脅威、それぞれの思いが交錯し、物語は怒涛の展開へ。解禁された映像では、まさしくクライマックスにふさわしい、初解禁シーンを含む迫力の映像を多く収録。

     兵士たちを率いてナランバヤルを追い詰めるサーラの父・国王ラスタバン3世(声・銀河万丈)、不敵な笑みを浮かべ<水の国>への侵略を目論む左大臣ピリパッパ(声・茶風林)、
    襲い掛かる兵士たちを殴り倒していくナランバヤルの強力な味方・“学者”ジャウハラ(声・木村昴)、神出鬼没ながら「未来はお2人にかかっています」と力強くエールを送る謎多き存在ライララ(声・沢城みゆき)、豪華声優陣が演じるキャラクターたちの動向も見逃せない。

     アニメ映画『金の国 水の国』は、1月27日より全国公開。

    映画『金の国 水の国』クライマックス予告


    (出典 Youtube)



    https://m.crank-in.net/news/121434/1

    【 【映画】 声優→賀来賢人×浜辺美波『金の国 水の国』】の続きを読む


    SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNK 『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)は、2022年12月3日に公開されたアニメーション映画。 原作『SLAM DUNK』の最終回を迎えてから実に26年半を経ての映画公開であり、原作者の井上雄彦が監督…
    17キロバイト (1,551 語) - 2023年1月16日 (月) 08:52
    すごいです。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/15(日) 12:56:37.45ID:asajTIKN9
    1/14(土) 10:47配信 デイリースポーツ

     大ヒット中のアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」で桜木花道の声を担当している声優でタレント・木村昴が8日に放送されたTBS系「アッコにおまかせ!」に出演し、原作者でもある井上雄彦監督の濃密な演出について語った。

     公開前にはアニメ放送時から声優が変更になったことも話題となった。木村は「プレッシャーもすごいあったんですけど、運命的なものも感じたので、心を込めて一生懸命やろうという気持ちで臨みました」と作品への思いを語った。

     収録では、井上監督が「生々しさ、リアリティー」にこだわっていたと説明。「声優人生でまったくやったことのないお芝居に挑戦してる。なるべく生々しい、実写映画に近いお芝居をしてる」とアニメ的な極端な演技は排除したことを明かした。

     公開まで、作品の情報が極秘にされていたこともヒットにつながっているが、木村は「めちゃくちゃ言いたかったです」と機密保持に苦心したと語った。「アフレコ自体も2年くらいの歳月をかけて収録したんです。一言に3時間かけて収録する時もあったり、2行のせりふを丸1日かけてとか」と通常のアニメでは考えられないようなスケジュールだったことも明かした。

     井上監督もアフレコにつきっきりだったという。「井上監督がぼくの横にずっといて収録している感じだったんです」とブースの中で直接指導されたと説明。原作者でもある監督がすぐ隣にいるという重圧はあったが「監督が『おもしろい。そういう花道もいるんだなぁ』って。『こうしてほしい』っていうよりも一緒に、先生(井上監督)がイメージする桜木花道に近づいていくような作業ですよね」と共同作業だったと語った。収録後には井上監督から「木村君と一緒に桜木花道を作っていたような感覚になって、とても楽しかったです」とメッセージを送られたことも明かした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a40f89e3b2feb929123581fa3a6702b362c3ac30

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673661852/

    【【映画】「THE FIRST SLAM DUNK」アフレコは原作者つきっきりだった】の続きを読む


    ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作日本長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。 日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。 イギリス作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズファンタジー小説『魔法使いハウルと火悪魔』(原題:Howl's Moving…
    61キロバイト (7,451 語) - 2023年1月7日 (土) 00:14
    ありますか?

    1 湛然 ★ :2023/01/06(金) 05:38:33.64ID:ErE2ORt59
    【明日の金ロー】新年はジブリ! 第1弾の「ハウルの動く城」と来週の「思い出のマーニー」の共通点は?
    2023年1月5日 21時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20230105-OHT1T51109.html?page=1
    「ハウルの動く城」のハウル(奥)とソフィー(C)2004 Studio Ghibli・NDDMT

    (出典 hochi.news)



     新年一発目、6日の金曜ロードショー(後9時)は、昨年同様にスタジオジブリ作品からスタート。今回は「ハウルの動く城」(2004年)が、枠を35分拡大して放送される。木村拓哉が主人公・ハウルの声優を担当したことでも話題となった同作は、04年のベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、技術貢献賞に相当する「オゼッラ賞」を受賞。同年の最高興収(196・0億円)を記録し、歴代でも8位となっている。

     18歳の少女・ソフィーはある日、魔女に呪いをかけられ、90歳の老人に変えられてしまう。荷物をまとめて家を飛び出すと、向かった先の荒れ地で「ハウルの動く城」と呼ばれる奇妙な建物に遭遇。行くあての無いソフィーは、その建物の中で美しい魔法使いの青年・ハウルと、その仲間たちと生活をするようになるが…。

     本作を製作する際、宮崎駿監督はスタッフに向けて「ラ*トーリーをやる」と宣言したという。それまでの作品でも「紅の豚」(1992年)のように、ほのかな恋心を描くことはあったが、ヒロインに「愛してしまった」と言わせるような本格的なものは初めて。しかも「戦火の恋」という特殊な状況の恋物語である。

     その意味では、宮崎監督にとっての”挑戦作”だったことは間違いない。一方で、テレビアニメ「未来少年コナン」(78年放送)や「風の谷のナウシカ」(84年)から貫かれている反戦への思いは、本作にもしっかりと刻まれている。我修院達也が声優を務めた「火の悪魔」であるカルシファーの「おいら、火薬の火って嫌いだよ。ヤツらには礼儀ってものがないからね」というセリフには、サラリと話す中にも深い意味が詰まっていることを考えさせられる。

     ところで、金ローでは来週もジブリ作品の「思い出のマーニー」(14年)が放送されるのだが、両作品にはある共通点があることをご存じだろうか。答えは、どちらも「TEAM NACS」のメンバーがそろって声の出演をしていること。5人とも出番は多くはないので、注意して見ていないと気付くのはかなり難しいだろう。

     全員で出演しているのには、本作で作画監督、「―マーニー」では原画を担当している高坂希太郎氏の存在が大きく関係しているようだ。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    (高柳 哲人)

    【【映画】 2023年1月6日放送「ハウルの動く城」 「思い出のマーニー」の共通点は?】の続きを読む


    かがみの孤城』(かがみのこじょう、英: THE SOLITARY CASTLE IN THE MIRROR)は、辻村深月による日本小説。2017年5月よりポプラ社から刊行された。2021年3月時点で累計発行部数は100万部を突破しており、2018年には本屋大賞も受賞している。 当初は「かがみの
    31キロバイト (3,812 語) - 2022年12月25日 (日) 07:50
    どうなるでしょう。

    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2022/09/20(火) 12:22:23.27
    2022年12月23日公開

    予告映像


    (出典 Youtube)



    オフィシャルサイト
    https://movies.shochiku.co.jp/kagaminokojo/

    オフィシャルTwitter
    https://twitter.com/kagami_eiga?s=21&t=6YTvx-lBW0xqA8xPDAiNRg

    オフィシャルInstagram
    https://instagram.com/kagami_eiga?igshid=YmMyMTA2M2Y=

    オフィシャルポスター

    (出典 i.imgur.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【映画】かがみの孤城】の続きを読む


    クレヨンしんちゃん』(Crayon Shin-chan)は、臼井儀人の日本の漫画作品。1990年に双葉社『漫画アクション』で連載を開始し、2000年に『まんがタウン』へ移籍。『臼井儀人&UYスタジオ』名義で2010年から連載された『新クレヨンしんちゃん』も記載する。略称は「しんちゃん」「クレしん」。…
    193キロバイト (24,034 語) - 2022年12月3日 (土) 08:34
    おめでとうございます㊗

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/10(土) 17:14:11.29ID:vYNBCMeD9
    12/10(土) 17:00配信
    コミックナタリー

    映画「クレヨンしんちゃん」初の3DCGアニメが2023年夏公開、監督・脚本は大根仁

    臼井儀人原作の映画「クレヨンしんちゃん」シリーズ最新作「しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~」が、2023年夏に公開決定。シリーズ初となる3DCGアニメーションで、大根仁が初のアニメーション監督を務める。

    「しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~」のティザービジュアルには、原作ではお馴染みの黄色と紫の服装にマントをまとった3DCGバージョンのしんのすけがお目見え。「すべてが、しん次元。」というキャッチコピーのもと、軽やかにジャンプしている後ろ姿が描かれた。

    3DCGアニメーションは「シン・ゴジラ」や「STAND BY MEドラえもん」を手がけた白組、監督・脚本は大根が担当。しんのすけからは「しーじぃーってどんなじいさん? オラまだ5さいなのにおじいさんになっちゃうの? 3DCGになったらツヤツヤもちもち~になれるの? ほうほう、それは楽しみですな~」というコメントも到着した。

    ■ 野原しんのすけコメント
    しーじぃーってどんなじいさん?オラまだ5さいなのにおじいさんになっちゃうの?
    3DCGになったらツヤツヤもちもち~になれるの? ほうほう、それは楽しみですな~。
    ところでオラ、ちょっとふっくらしてない?


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6bf98c54136b6b9a7193a362f4bed82bfc6bd391


    (出典 Youtube)


    【【映画】「クレヨンしんちゃん」初の3DCGアニメが2023年夏公開予定】の続きを読む

    このページのトップヘ