インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    カテゴリ:声優 > 女性


    佐倉 綾音(さくら あやね、1994年1月29日 - )は、日本の女性声優。東京都渋谷区恵比寿出身。青二プロダクション所属。 中学生の時に劇団東俳に所属。中学3年時に日本ナレーション演技研究所に入り、その年の終わりに所属オーディションに合格。 2009年4月1日よりアイムエンタープライズに所属。声…
    283キロバイト (24,794 語) - 2023年12月16日 (土) 14:32
    別にいいですよね。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/12/24(日) 11:22:48.929 ID:XUVk0c7D0EVE.net
    【【声優】声優の服が18万円で炎上】の続きを読む


    立花 理香(たちばな りか、1987年2月27日 - )は、日本の女性声優、モデル、タレント、歌手。広島県出身。PUGNUS所属。夫はプロ野球選手の若月健矢。 代表作には『アイドルマスター シンデレラガールズ』(小早川紗枝)、『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』(有栖川麗子)、…
    75キロバイト (6,078 語) - 2023年12月2日 (土) 10:20
    大変そうです。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/12/12(火) 22:22:48.14 ID:9JKEBWkS9.net
    「毎日何品もご飯を作るとか、私はしないからね」夫はオリックス若月健矢…声優・立花理香が初めて明*イマドキ“プロ野球選手妻”のリアル

    『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャル役や、『アイドルマスター シンデレラガールズ』小早川紗枝役などで知られる人気声優の立花理香(36歳)。2019年に結婚した夫は、今季パ・リーグ3連覇に貢献したオリックスの若月健矢捕手(28歳)だ。ふたりの馴れ初めや、いわゆる「アスリートの妻」像に縛られない自然体の夫婦関係。今季初めてゴールデン・グラブ賞を獲得するなど飛躍を遂げた若月の愛すべき素顔などを聞いた。(全2回の1回目/後編へ)

    「やけに慎重なキャッチャーだなぁ……」

     2010年代半ばの京セラドーム大阪。ビールを片手に贔屓のオリックス・バファローズを応援する声優・立花理香の視線の先で、のちに夫となるプロ野球選手・若月健矢がミットを構えていた。まだ、ふたりはお互いのことをほとんど何も知らない。

    愛娘には「デレッデレです」

    「娘と廊下でハイハイ競走してます、って言っておいて!」

     立花は苦笑しながら若月のメッセージを“代読”した。束の間のオフシーズン、子煩悩な夫は2022年に生まれた愛娘の成長から目が離せない。日々その様子を見つめる妻は「デレッデレです」と呆れたように笑う。

    「もう本当に溺愛なんですよ。家に私宛の荷物が届いても、なぜか娘の名前で伝票にサインするし……。『うんうん、わかったから!』って感じです(笑)」

     取材当日には、若月にとって初となるゴールデン・グラブ賞の受賞が発表された。立花は「浮かれてるだろうなぁ。娘に『ゴールデンパパだよ~』とか言ってそう」と夫のリアクションを予想する。冷めた口調とは裏腹に、目を細めた顔に喜びがにじんでいた。

     2019年の暮れに報じられた立花と若月の結婚は、アニメファンや野球ファンに驚きをもって受け止められた。声優とプロ野球選手。あまり接点がないように思えるふたつの職業だが、ふたりの馴れ初めはどんなものだったのだろうか。

    二人の馴れ初めは?

    「最初は人づてに連絡があったんです。“野球好きの声優”として私のことを知ってくれていたみたいで。もちろん私もひとりの選手として認知はしていましたけど、接点は何もないので……。どんな人なのかは、会うまでほとんど知りませんでした」

     素の人柄を知る唯一の手がかりは、オリックスの公式YouTubeチャンネルで配信されている「Bs座談会」だった。若手選手たちによる飲み会の様子を映したこの動画をファンとして楽しんでいた立花は、ときにイジられながらも“巧みなリード”で場を盛り上げる若月にうっすらと好感を抱いたという。

    「初対面の印象ですか? あの座談会の動画と同じで、あまり気を遣わなくてもいい人なのかな、と思いました。最初はどんな話をしたっけなぁ……。おぼろげですけど、お互いの仕事について『実際どんな感じなんですか』みたいなことを話した記憶があります」

     野球選手っぽくない、フツーの人――それが若月に惹かれた理由のひとつだった。普段着はユニクロ、しまむら、ワークマン。懐メロをこよなく愛し、『ドラゴンボール』や『こち亀』を見返しては「いつも同じところで笑ってますね」。純朴なキャラクターは、球界を代表するキャッチャーのひとりに成長したいまも変わっていない。

    「毎日何品もご飯を作るとか…」

     かつて若月に「派手なネックレスつけたら怒るから」と鋭い牽制球を投じたこともあるという立花は、夫の好ましい“フツーさ”についてこう語る。

    「もしかしたら華やかな職業だと思われているかもしれないんですけど、本当に、ふたりとも申し訳なくなるくらい平凡なんですよ。彼はお手頃な服をよく着るので、ユニクロで『これどう思う?』と聞かれて『同じの持ってるじゃん!』って返す、みたいな……。ちなみに、買い物の時間は私より長いです」

     自由軒のライスカレーが縁結びになった『夫婦善哉』の蝶子と柳吉のように、“フツーな価値観”で通じあった声優とプロ野球選手は、次第に仲を深めていく。そして結婚という選択肢が現実味を帯びてきたころ、立花はきっぱりと宣言した。

    「結婚しても仕事をやめるつもりはないし、『献身的に尽くす妻』みたいなことはできないから。毎日何品もご飯を作るとか、私はしないからね」

    続きはソースをご覧ください
    https://number.bunshun.jp/articles/-/859853

    (出典 number.ismcdn.jp)

    【【声優】立花理香が初めて明かすイマドキ“プロ野球選手妻”のリアル】の続きを読む


    平野 (ひらの あや、1987年10月8日 - )は、日本の声優、女優、歌手、アイドル、タレント、ラジオパーソナリティ。愛知県名古屋市出身。 代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ)、 『らき☆すた』(泉こなた)『DEATH NOTE』(弥海砂)、『NANA』(芹澤レイラ)、『FAIRY…
    154キロバイト (12,963 語) - 2023年12月17日 (日) 11:35
    すごかったでしょうね。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/12/23(土) 15:41:08.950 ID:hV7QOSNJ0.net
    佐倉綾音がやってる役をいくつか奪っていたかもしれん
    平野は今は声優引退してはいないけど舞台が主だし


    (出典 pbs.twimg.com)




    (出典 Youtube)


    【【声優】今も平野綾が声優を主に活躍してたら】の続きを読む


    花澤 香菜(はなざわ かな、1989年2月25日 - )は、日本の声優、女優、歌手。東京都出身。大沢事務所所属。夫は同じく声優の小野賢章。 芸能界に入るきっかけは、子役のオーディションのチラシを持ってきた母に「やる?」と言われて即答したからである。幼稚園児の頃より子役として活動した。バラエティ番組…
    339キロバイト (34,535 語) - 2023年12月17日 (日) 10:11
    作らないのかもしれませんね!

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/12/10(日) 04:09:59.142ID:qaFcjM08r
    あんな可愛いお嫁さんがいるのに我慢出来る?


    (出典 img2.animatetimes.com)

    【【声優】花澤香菜は子供いないの?】の続きを読む


    紅白結び 紅白紅白紅白音楽試合 NHK紅白歌合戦(NHK) NTV紅白歌のベストテン(日本テレビ) 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル(フジテレビ) AKB48紅白対抗歌合戦 紅白戦 - 野球やサッカーなどの試合形式の練習で、同一のチームを2組に分けて行う試合の方式。 紅白帽 玉入れ…
    6キロバイト (593 語) - 2022年8月27日 (土) 05:10
    たしかに!

    1 ネギうどん ★ :2023/12/09(土) 14:00:51.19 ID:sVkEmPLM9
    2023年もいよいよ終盤に近づき、ようやく『第74回NHK紅白歌合戦』(以下:紅白)の出演アーティストが発表された。今年も豪華な顔ぶれとなっていたが、そこで「声優」の名前がなかったことに気づいた人もいるかもしれない。一時期の『紅白』には、アニメなどで活躍している声優たちが毎度のように出場していたが、ここ数年はほとんど姿を見ない。その理由はいったい何なのだろうか。

    声優を本職とする人物が最後に『紅白』に出演したのは、2019年の宮野真守。ただし、これはあくまで星野源の音楽番組『おげんさんといっしょ』とコラボした企画コーナーの一環だった。

    アーティストとしての抜擢と考えると、2015年に出演した女性アイドルグループ「μ’s(ミューズ)」が最後だろう。この時にはTVアニメ『ラブライブ!』の第2期オープニング曲「それは僕たちの奇跡」が披露され、大きな話題を呼んだ。

    それ以前には声優界の歌姫・水樹奈々が『紅白』常連だったことで有名。TVアニメ『WHITE ALBUM』のオープニング曲『深愛』を披露した2009年から始まり、6年連続出場という快挙を果たした。つまり2009年から2015年まで声優の出演が見られたわけだが、それ以降はおよそ8年出演が途絶えている。(2018年にAqoursが出場しているが、「ジャパンカルチャー企画」での出場)

    とはいえ、『紅白』に声優が出演しなくなったのは、世間的に声優やアニメの人気が衰えたことが理由ではないだろう。むしろここ数年はアニメブームがとくに盛り上がっているので、そこにはまた別の理由があるように思われる。

    まず考えられるのが、“アニソン”の変容だ。以前はアニメの主題歌を声優が担当する文化があったが、最近は声優ではなく、話題性の高いアーティストを起用するパターンが増えている。今年の『紅白』出場者でいえば、YOASOBIやano、miletなどがアニソンのヒットメーカーで、さらには椎名林檎もmillennium paradeとコラボしてTVアニメ『地獄楽』のオープニングを手掛けていた。

    昨年の『紅白』でいえば、星野源が『喜劇』という楽曲を披露したが、これは『SPY×FAMILY』第1クールのエンディング主題歌だった。またAdoが『ONE PIECE FILM RED』のキャラクター・ウタ名義で、主題歌の『新時代』を披露したことも話題になった。

    こうして見れば一目瞭然だが、現在もアニメ関連の楽曲は多数採用されている。しかしだからこそ、アニソン枠が埋まり、声優が出演する機会が減ってしまったのかもしれない。さらに根本的には、アニソン文化の変化によって、話題になる声優アーティスト自体が減っていることも背景にはあるだろう。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd47749d437f23f3abeb2209900346b8c464ba3f

    【【声優】『紅白歌合戦』に声優が出なくなった理由】の続きを読む

    このページのトップヘ