インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    カテゴリ:ネット > Netflix Amazonprime


    今際ののアリス』が2015年9月号から2018年3月号まで連載。さらに『週刊少年サンデー』では2020年46号から2021年8号まで新章となる『今際の国のアリス RETRY』が連載された。 2013年にアニメ化。2020年にNetflixで実写ドラマ化。 本作品
    139キロバイト (24,331 語) - 2023年1月7日 (土) 01:15
    今熱いです。

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/01/05(木) 14:33:17.510ID:R1hiqEJxd
    YouTubeで絶賛コメント凄かった



    (出典 Youtube)


    【【ネット】今際の国のアリス】の続きを読む


    ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
    『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    304キロバイト (38,109 語) - 2023年1月5日 (木) 02:19
    どう思われますか?

    1 名無しさんの次レスにご期待下さい :2021/11/10(水) 08:56:51.41 ID:T2/lYOSE.net
    滝沢ガレソ@takigare3
    【速報】Netflixさん、実写ドラマ版「ONE PIECE」のメインキャストを発表
    ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジの5名
    圧倒的
    @onepiecenetflix

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【ネット】Netflix 『ONE PIECE』実写版 ビジュアル】の続きを読む


    鈴木 亮平(すずき りょうへい) 鈴木亮平 (俳優) - 日本の俳優 鈴木亮平 (サッカー選手) - 日本のサッカー選手 鈴木亮平 (調教師) - 日本の競馬の調教師 このページは人名(人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧に…
    300バイト (102 語) - 2016年2月3日 (水) 07:45
    おめでとうございます㊗

    【【ネット】『シティーハンター』Netflixで日本初の実写映画化!2024年配信】の続きを読む


    Netflix, Inc.(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、カリフォルニア州ロスガトスに本社を置く、アメリカのオーバー・ザ・トップ・コンテンツ・プラットフォームおよび制作会社である。1997年にリード・ヘイスティングスとマーク・ランドルフによって、カリフォルニア州スコッツバレーで設…
    112キロバイト (14,024 語) - 2022年10月25日 (火) 00:20
    なぜでしょう。

    1 樽悶 ★ :2022/10/24(月) 19:53:25.05ID:AVzJW6y+9
    3四半期ぶりに会員数が増え、株価も大幅高となった動画配信サービス大手のNetflix

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (中略)

    ■アニメ制作業界の間で広がる不信感

     逆風にさらされているNetflix。日本国内でもオリジナルアニメの製作をめぐり制作会社から不穏な声が聞こえる。「2022年に入ってオリジナルアニメの企画がまったく通らなくなった」と話すのは、複数のNetflixアニメ制作に関わってきた制作会社のある幹部だ。

     「企画が通る本数が減っただけでなく、動き出そうとしていた企画が急に止まった例もあり、影響は深刻だ」と語る別のアニメ制作会社幹部もいる。複数のアニメ制作関係者が同様の話をしており、Netflixは2022年から日本でのアニメ製作本数を減らしていると見られる。会員数が減り始めたタイミングでもあり、コスト削減のためアニメの製作を減らしているのではという見方も広がっている。

     9月に開催されたNetflixのグローバルファンイベント「TUDUM Japan」は、怒涛の新作アニメ紹介でオープニングを飾るなど、アニメに注力する姿勢を見せているだけに、アニメ制作会社が困惑するのも当然だ。

     これについてNetflixでアニメコンテンツの調達を統括する山野裕史氏に尋ねると、今後のオリジナルアニメ製作本数の増減についての明言は避けた。ただ、会員数減少による日本のアニメ製作への影響については「視聴者に喜んでもらえる作品を届け続ける点では変わらない。そうした作品へ、より大きく投資できるよう定期的に編成を見直すなどしていく。既存のアニメファンが求める作品に加え、より広い視聴者が一緒に楽しめる長編アニメーション映画をバランスよく調達することに現在は注力している」と答えた。

     単に製作本数を減らすというよりは、長編アニメ映画などに的を絞って集中投資していく戦略にシフトしているようだ。ただ、Netflixがこのタイミングで戦略を変更した背景には、会員数の減少よりも深刻な課題がありそうだ。それは、Netflix独占配信アニメの中にヒット作があまりないという根本的な問題だ。

    ■2次展開しやすいテレビに回帰する動き

     「Netflixが独占配信するアニメは、配信時さほど話題にならなくても、数年後にテレビで公開されると反響がよくなる作品がある」と話すのは、さらに別のアニメ制作会社の幹部。無料で同じ時間に視聴されるテレビアニメは、視聴者同士がSNSで一緒に盛り上がりやすいこともあり、ヒットにつながりやすい傾向にあるようだ。

     また、Netflix独占配信の作品は、アニメ制作会社が少し高めの制作費を受け取れたとしても、自社でのノウハウに乏しくその後の2次展開(グッズ販売など)が難しいという、作り手側の構造もヒットの障害になっている。近年はアニメ制作会社がNetflixなどの動画配信に注力する流れもあったが、「直近では2次展開しやすいテレビに回帰する動きが強まっている」(アニメ制作会社幹部)という。

     アニメ制作会社からすれば、ヒットが予想できる作品はNetflixには流さずに、テレビで流したほうが儲かる。逆に言えば、リスクのある作品は制作費を保証してくれるNetflixに流すという声すら聞こえてくる。結果、Netflixにはチャレンジングな作品が大半になるという、Netflixにとって苦しい構造が出来上がってしまっていたようだ。

     こうした状況では、確かに製作本数を増やすより、的を絞って集中投下する戦略のほうが合理的かもしれない。「Netflixが日本に上陸した直後は口頭ですぐに企画が決まることが何度もあった。今はその勢いはなく、熟慮する局面になったのだろう」と分析するアニメ業界関係者もいる。

     2022年10月からは集英社と初めての共同製作作品となる『ロマンティック・キラー』がNetflixオリジナルアニメとして配信される。これまで数多くのヒット作を生み出してきた集英社との連携は重要な意味を持つ。山野氏も「これをきっかけに、作品制作はもちろん、より一層多面的な取り組みでご一緒できることに期待している」とラブコールを送る。

     ただアニメは制作開始から配信まで3~4年かかることが多く、今のNetflixの戦略が実際に形となって現れるのはまだ先の話だ。その時には、これまで見られたようなチャレンジングなオリジナル作品は少なくなっている可能性が高い。それでもヒットアニメを生み出せるのか。Netflixは大きな転換に挑んでいる。

    10/21(金) 5:11配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e25b00d98df23363853294f81869026583be2fa1

    【【ネット】Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情…アニメ制作業界で広がる不信感】の続きを読む


    ウォルト・ディズニー・カンパニー > ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション  > Disney+ Disney+(ディズニープラス)は、ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューションが所有・運営する、アメリカの定額制ビデオ・オン・デマンド・OTTサービスである。
    269キロバイト (25,456 語) - 2022年9月8日 (木) 10:23

    (出典 www.earlyteches.com)


    びっくり!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/09/08(木) 23:09:41.72ID:CAP_USER9
    9/8(木) 9:59配信PHILE WEB
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aab8d608128b56c50360f1221306543f0d5c5246

    ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニープラスが最初の1ヶ月199円(税込)で利用できる「ウェルカムプライス キャンペーン」を、9月8日13時から9月20日15時59分にかけて実施する。

    「ディズニープラス・デイ」にあわせて実施される、初のウェルカムプライスキャンペーン。新規もしくは再加入のユーザーが対象で、最初の1ヶ月は199円、その後は通常の月額990円で自動更新となる。なお、NTTドコモおよびJ:COM経由での加入は対象外。

    ディズニープラス・デイとは、ディズニープラスが全世界のファンのために行うという、毎年恒例のセレブレーションイベント。開催を記念し、トム・ハンクス主演『ピノキオ』や、マーベル・スタジオの『ソー:ラブ&サンダー』など、新作映画からローカルコンテンツまで幅広いコンテンツを拡充する予定だ。

    【【ネット】Disney+が初月199円!?】の続きを読む

    このページのトップヘ