インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。

    2021年04月


    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    210キロバイト (35,152 語) - 2021年4月4日 (日) 01:07



    (出典 www.family.co.jp)


    チートキャラですかね?

    1 名無しさん@おーぷん :21/04/06(火)19:29:58 ID:lj8X

    ・近距離、中距離、遠距離攻撃可能
    ・虎杖と同レベルの肉弾戦性能、リソース無限の飛び道具
    ・血⇔呪力のコンバート可能なので血を操る術式唯一の弱点の失血死がない
    ・攻撃に1回でも当たると状態異常を付与される

    戦績
    × VS五条
    △ VS虎杖
    × VS裏梅
    × VS乙骨


    (出典 anabre.net)


    【【漫画】呪術廻戦 脹相 あまりにも強すぎるのでは】の続きを読む


    岡本 圭人(おかもと けいと、1993年4月1日 - )は、日本の歌手、タレント、俳優、俳優、アイドル、男性アイドルグループのHey! Say! JUMPのメンバー。東京都出身。ジャニーズ事務所所属。父は岡本健一。 2007年11月14日、Hey! Say! JUMPの「Ultra Music Power」でCDデビュー。
    10キロバイト (1,089 語) - 2021年4月6日 (火) 10:01



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    お疲れ様でした。

    1 ひかり ★ :2021/04/05(月) 22:34:38.69 ID:CAP_USER9.net

    留学のため18年9月から活動休止していたHey!Say!JUMP岡本圭人(28)が、グループから脱退することが5日、明らかになった。

    ジャニーズ事務所の公式サイト「ジャニーズネット」などで発表された。グループの配信ライブが開催される今月11日をもって脱退する。今後は同事務所に引き続き所属し、ソロの俳優として活動する。サイトに掲載された岡本のコメント全文(原文まま)は以下の通り。

    いつも応援して頂いているファンの皆さま

    僕、岡本圭人はHey!Say!JUMPを離れて、個人で役者として活動をしていくことにしました。この2年半海外で僕は演劇を学び、世界で活躍する夢に向かっている方々と一緒に過ごしていく中で、自分の人生について考える時間が多くなりました。

    これからの人生をどうやって歩んでいくか、そして1人の男として叶えたい夢ができ、その夢を叶えるために僕はこれから役者として活動していきたいと思いました。

    メンバーにこの思いを伝えたところ、みんなが受け止めてくれたと同時に、これからの僕の人生を応援してくれて、別々の道でも頑張っていこう! と言ってくれました。

    Hey!Say!JUMPには本当に感謝の気持ちと愛しかありません。今日まで僕の復帰と9人での活動を心待ちにしてくれていた皆さま、僕の自分勝手な理由で皆さんのことを驚かせてしまって、本当に申し訳ございません。今後、皆さまに僕の新しい夢、新しい道を応援して頂けるように一生懸命頑張ります。

    これからもよろしくお願いします。

    ◆岡本圭人(おかもと・けいと)1993年(平5)4月1日、東京都生まれ。07年11月、Hey!Say!JUMPとしてデビュー。英語が堪能で、12年に上智大学国際教養学部に一般入試で合格したが、17年夏に退学。174センチ。血液型O。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2588982abda166c028caf96c7fdc3a541ef3c8e9


    【【芸能】Hey!Say!JUMP岡本圭人脱退 俳優業へ】の続きを読む


    中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、実業家、YouTuber。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。
    33キロバイト (4,248 語) - 2021年3月20日 (土) 06:21



    (出典 gendai.ismedia.jp)


    ???

    1 風吹けば名無し :2021/04/06(火) 09:17:05.87 ID:GHT3TWww0.net

    何がしたかったんや
    https://news.yahoo.co.jp/articles/28df64349132adddb4a4c3fc311d24a9974c0b88


    【【YouTuber】オリエンタルラジオ中田敦彦 顔出し引退を撤回】の続きを読む


    進撃の巨人』(しんげききょじん、Attack on Titan)は、諫山創による日本漫画作品。及びそれを原作とした小説(ライトノベル)、アニメ、ゲーム、映画など作品。 圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達と戦いを描いたダーク・ファンタジー漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)で2009年9
    311キロバイト (44,958 語) - 2021年3月30日 (火) 07:14



    (出典 image.video.dmkt-sp.jp)


    どうでしょう?

    1 風吹けば名無し :2021/04/05(月) 09:40:33.00 ID:CHCYmAip0.net

    生き残った非エルディア人を壁に囲んで閉じ込めてEND…とか??


    (出典 image1.shopserve.jp)


    【【漫画】進撃の巨人最終話はどういう結末を迎えるのか】の続きを読む


    ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作日本長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。 日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。 イギリス作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズファンタジー小説『魔法使いハウルと火悪魔』(原題:Howl's Moving
    59キロバイト (7,221 語) - 2021年4月5日 (月) 01:11



    (出典 haydenpanettiere.info)


    本当によく作り込まれています。

    1 Anonymous ★ :2021/04/05(月) 13:38:22.34 ID:CAP_USER9.net

    https://myjitsu.jp/archives/272095

    4月2日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)は、『スタジオジブリ』の大人気アニメ映画『ハウルの動く城』をノーカット放送。地上波で放送されるたびに話題を呼ぶ同作だが、今回で作品の伏線に気づいた視聴者が多く、ネット上で盛り上がりを見せている。
    同作は、荒地の魔女の呪いで90歳の老婆に姿を変えられてしまった少女・ソフィーと、動く城を拠点にする魔法使い・ハウルとの愛を描いたファンタジーラ*トーリー。ソフィーが町で兵士に絡まれているところをハウルが助ける出会いのシーンから始まり、火の悪魔・カルシファーやハウルの弟子・マルクルといった個性豊かなキャラクターとの触れ合いを経て、皆が家族のように愛をはぐくむ笑いと感動の物語だ。

    ソフィーの名台詞は伏線?

    そして今回の放送では、視聴者の間で〝ある一つの伏線〟が大きな注目を集めることに。それはソフィーとハウルの出会いと、物語の終盤に登場する彼女の名台詞「未来で待ってて!」だ。

    「ソフィーの『未来で待ってて!』というセリフは、彼女がハウルの過去に遭遇したシーンで登場します。物語の冒頭、2人が初めて出会った時にハウルは『やぁごめんごめん、探したよ』と言って登場するのですが、このシーンこそがソフィーの言葉に対する伏線。しかも物語の終盤にソフィーへあげた指輪をしてハウルが現れるなど、細かな描写にも伏線が仕込まれているようですね」(アニメライター)
    この伏線について、ネット上には、

    《ハウルと初対面だった時の冒頭の「やぁごめんごめん、探したよ」ってあれ、伏線だったのやっとわかった…。十何年越しだ…》
    《ハウルがソフィーに出会った一言目が『探したよ』っていうのもちゃんと伏線があって、なんというかもう言葉がでません。とりあえずみんな見てください号泣します》
    《冒頭でハウルがソフィーへ『探したよ』という台詞は、幼少期のハウルにソフィーが『未来で待ってて!』と言ったシーンの伏線回収になってて感動する (深い)》
    《ハウルの動く城は最後まで見たらわかる序盤の伏線回収でめちゃくちゃアガる映画。ジブリも伏線張るんだって思った記憶》
    《ソフィーとハウルの出会い、1番最初のシーンで『探したよ』の台詞から伏線なのがもう最高過ぎんか? 最高なんだよ》
    《このシーンが本当に好き。最高の伏線。指輪光るのもたまらなく好き。ああぁぁぁあああ!ってなる。好き》

    などと驚きの声が続出している。
    同作が劇場公開されていたのは2004年のこと。15年以上も前の作品が、未だ視聴者の間で盛り上がりを見せているのである。『スタジオジブリ』の作品が何度見ても飽きないのは、このように新たな発見が毎回起こるからなのかもしれない。


    【【映画】『ハウルの動く城』物語序盤の“伏線”に感動】の続きを読む

    このページのトップヘ