インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などを中心に毎日更新しています。


    声優の仕事は東京に集中していった。 声優プロダクション付属の声優養成所(養成所)、声優になるためのレッスン指導を主とする養成所、声優関連の学校(声優養成学科がある専門学校)などの出身。 声優になることを目指すには、声優
    86キロバイト (12,968 語) - 2020年1月21日 (火) 11:44



    (出典 animeanime.jp)


    そうかもしれませんね。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/12/10(火) 23:17:18.908 ID:ccMMTCGh0.net

    いもそばにいてくれた


    【【声優】1990年代の子供たちはどの声優さんたちの声を聴いて育った?】の続きを読む


    HIKAKIN(ヒカキン、1989年〈平成元年〉4月21日 - )は、日本のYouTuber、ヒューマンビートボクサー。UUUM株式会社所属のファウンダー、最高顧問。血液型はO型。実兄はYouTuberのSEIKIN。 YouTubeにおいてチャンネル「Hikakin
    57キロバイト (7,372 語) - 2022年10月3日 (月) 02:50
    迅速な対応です。

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/10/03(月) 09:41:37.320ID:S0Z1M1d70
    ユーチューバー・HIKAKIN(ヒカキン、33)が2日に自身のYouTubeチャンネルを更新。8月7日に投稿した夏の“大型企画”の“ヒカキン鬼ごっこ”動画を非公開にすることを伝え、参加者や視聴者らに謝罪した。

     ヒカキンは今年の夏の“大型企画”として8月7日に「チャンネル登録者数合計6300万人以上、オールスター参戦!」と掲げ、トップユーチューバーたちが参戦した“鬼ごっこ”動画を配信。ルールは「ヒカキンのマスクを被った『オニキン』軍団から逃げ切れたら100万円!」というものだ。富士急ハイランドを貸し切って開催された。

    非公開にする理由については「当日の鬼ごっこがゲームとして成立していなかったのではないかと今、僕が判断したからです」とした。ヒカキンは、自身の頭の整理が追いつかない状況だが、いち早く視聴者や関係者に報告したい思いで動画を投稿したとも伝えた。

     経緯については、当時の鬼ごっこ関係者の間で逃げ切った人の数を少なくするため、ゲーム終盤に10分間の延長が突然行われたのではないかと不正疑惑の声が上がっていることを知ったことから始まった。ヒカキンは「正直耳を疑いました。何のことか全く理解ができませんでした」と身に覚えがなく、「悪意を持って不正をして逃げ切る人を少なくしたという、そういった行為は一切ありません」と不正疑惑は否定した。

     ただ、不正疑惑の声が上がったことに「僕自身が把握できなかったことが何か起きていた可能性もある」と、すぐに現場での判断を一任していた制作スタッフに事実確認した。すると「ここにきて、チャレンジャー側と制作サイドで大きなすれ違いが生じてしまうミスが発覚しました」と衝撃の事実を知ることになった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/22957062/

    【【youtuber】HIKAKIN 投稿した動画が炎上して謝罪→動画も非公開へ】の続きを読む


    2代目三遊亭圓楽 - のちの三遊一朝。 3代目三遊亭圓楽 - のちの林家彦六。 4代目三遊亭圓楽 - のちの3代目柳亭市馬。 5代目三遊亭圓楽 - 元は三遊亭全生。『笑点』の出演者・司会者として有名。 6代目三遊亭円楽 - 元は三遊亭楽太郎で、5代目の直弟子。師から生前贈与を受ける予定だったが、実際の襲名は5…
    1キロバイト (306 語) - 2022年9月30日 (金) 08:16
    ご冥福をお祈り申し上げます。

    1 愛の戦士 ★ :2022/09/30(金) 17:00:55.93ID:CAP_USER9
    スポニチannex 9/30(金) 16:47

    落語家の三遊亭円楽さん
     日本テレビの長寿演芸番組「笑点」の大喜利メンバーとしてお茶の間の人気者だった落語家の六代目三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・會泰通=あい・やすみち)さんが死去した。72歳。東京都出身。22年1月に脳梗塞を発症し、リハビリを重ねて8月に高座復帰を果たしたが、軽度の肺炎でダウン。そのまま容体が悪化し、帰らぬ人となった。

     8月11日の国立演芸場。円楽さんは高座復帰に涙を流し、20分ほどのマクラに続けて古典落語「猫の皿」を演じた。満員の客席から割れんばかりの拍手が起こり、円楽さんも感無量の表情を見せた。

     同30日には独演会も予定したが、26日に息苦しさを訴え、主治医による検査の結果、肺炎という診断。入院を余儀なくされて、やむなく独演会も中止せざるを得なくなった。

     晩年は病との闘いが続いた。2018年に肺がん、19年に脳腫瘍、20年には肺がんの再発と初期の大腸がんが見つかり、そして脳梗塞。「*までやります」と宣言して、体調回復に努めていた。家族にみとられて師匠の五代目や桂歌丸さんが先に住人となった天国に旅立った。

     1970年4月、青山学院大学在学中に五代目円楽の鞄持ちのアルバイトを始め、付き人を経て正式に入門した。前名の「楽太郎」は大師匠の六代目三遊亭円生が命名した。

     76年に二つ目に昇進し、翌77年8月28日、六代目三遊亭円窓の後任として「笑点」にレギュラー入り。番組では「腹黒」「友達がいないキャラ」を担当し、毒の利いた政治批判や時事ネタで座布団の獲得枚数を増やしていった。

     頭髪の薄い歌丸をネタにしてのバ倒合戦は見どころの1つだった。もちろん大の仲良しだったからこそできた丁々発止で、歌丸の死後最初の放送となった18年7月8日の追悼大喜利では「ジジイ!早すぎるんだよ!」と涙ながらに叫んで故人をしのんだ。

     78年に真打昇進問題を機に落語協会で分裂騒動が起こると、師匠と共に協会を脱退し、落語三遊協会所属となった。80年に三遊協会が解散し、大日本すみれ会(現・五代目円楽一門会)に所属。81年3月に真打ちに昇進した。持ち前の人脈と企画力を生かし、07年から「博多・天神まつり」のプロデュースを務めていた。

     2010年3月1日に六代目三遊亭円楽を襲名。全国区の人気を誇るとあって襲名披露興行は同年3月3日の高知県立県民文化ホールを皮切りに12月まで全国80カ所以上で行われ、大盛況だった。

     16年には写真週刊誌「フライデー」に40代女性との錦糸町ラブホテルデートを撮られ、会見を開いて不倫を認めた上、関係を包み隠さず語り、「円楽改め老いらくと呼んで欲しい」「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行った船と解きます。(その心は)コウカイの真っ最中です」とオチまでつける神対応がマスコミからも評価された。

     17年からは客員として落語芸術協会に加入が認められ、襲名披露興行をのぞいて、落語協会脱退以来39年ぶりに定席興行に出演を果たした。その後は闘病しながらの仕事が続いたが、21年6月に東京・有楽町よみうりホールで弟子の伊集院光(54=高座名は三遊亭楽大)と二人会を開催し、ファンを喜ばせた。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/9cd274df349a4facbd7b25ef2904aa56b7479946&preview=auto

    【【芸能】落語家 三遊亭円楽 72歳 死去】の続きを読む

    このページのトップヘ